So-net無料ブログ作成
検索選択

サザエさん症候群 対策 症状 [健康]

サザエさん症候群の対策は、「サザエさんを見ない」は正解とは言えません。

根本的なところには、ブルーマンデー症候群という症状の一種であり、月曜日からの出勤、学校が嫌になるという、軽いうつ病としてとらえられます。

要するに月曜日が憂鬱に感じられる可能性はサザエさんを見なくても発症するのです。

この解決策の一つとして、休日を満喫するという方法があります。
サザエさん症候群の多くの人は、休日を家で過ごしほとんど何もせずに夜を迎えるパターンの人が多いです。
休日に、友人とスポーツをしたり、趣味を見つけ、仕事以外の分野での楽しみを見つけ活動範囲を広げるようにすれば、サザエさん症候群にはなりにくいと考えられます。


その考え方としては、サザエさん症候群になる場合、日曜日の夜にあれこれ考えてしまって、その結果、夜も眠りずらくなったり、憂鬱な気分を増幅させてしまいます。

そうならない為に、日曜日に思いっきり身体を使って遊んで、そんな事を考えるのが面倒と思うくらいになれば、結果として、良く眠れるという訳です。

なお、それも楽しむ事が難しいという場合には、月曜日(もしくは祝日あけの火曜日)の朝に、自分の好きなものを用意するのもいいでしょう。

たとえば
・月曜日の朝食を自分の好きなメニューにする
・朝食で使う食器をいつも使ってるものよりも高価なものにして、優雅な時間をすごす
・月曜日の目覚ましは自分が一番テンションの上がる曲で目覚める
・会社には好きな服は着ていけないが、アクセサリーなど自分の好きなモノを身につける。

などが挙げられます。

少しでも、朝起きるのが楽しみになれば気分が違います。
これを月曜日の朝に準備すると逆にする事が多くて嫌になってしまう可能性があるので、
前日に(サザエさん症候群の場合、前日のやる気も起きないかもしれないので、仕事が休みに入ったらすぐに用意しておくと自然に楽しみになるかもしれませんね)


それと、もしお酒が好きな人であれば、日曜だけ晩酌が出来るという習慣にすれば、いつも憂鬱な日曜の夜が楽しみの時間に変わるかもしれません。

自分の好きなアテも買っておいて、日曜の夜の番組は、気分を下げる可能性があるので、好きな番組を録画したものとか、好きな人の映画をみる、友人と連絡をするとか、一人でも楽しめる空間があれば、解消できる可能性があります。

木曜日くらいから、明日行けば休みという事でテンションが少しずつあがる人が多いようですが、金曜日の夜に月曜日の準備をするつもりで、買い物をしたり、することをリストで考えたりと楽しい事をそこで考えておけば、自然とサザエさん症候群の対策になるでしょう。

なかなか仕事環境などは、変えられないので、自分の周りの環境を自分で変える事が大切ですね。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。