So-net無料ブログ作成
検索選択

神田沙也加 アナ そっくり

スポンサーリンク




神田沙也加 アナ そっくりな記事です

映画アナと雪の女王」上映後、ついに親の七光を脱却し、世間から注目を集めている
神田沙也加。

アナとそっくりな出で立ちにして、テレビに出演していた事でも話題になっております。

その時の舞台がこれ


生まれてはじめて


神田沙也加、これからミュージカルの舞台でも引っ張りダコになりそうですね。

そんな彼女のプロフィールはこんなです。

神田沙也加

誕生日 1986年10月1日


星座 てんびん座


出身地 東京


性別 女

血液型 A型

身長 157cm

デビュー年 2003年

デビュー作品 ドラゴン・ヘッド (映画) ヒロイン・瀬戸アコ役

ペット 犬(マルチーズ)2匹



デビュー直後は、おそらくテレビなどでも活躍している姿をみている視聴者も多かったと思います。
ところが、しばらく、メディアでの活動をみせていなかったように思う人も多かったではないでしょうか。

実は、彼女自身も悩んでいた事でした。
デビューCDは、20万枚売れていたのですが、その制作費に莫大なコストもかかっていたために、大きなヒットとならず、鳴かず飛ばずの時代があり、親の松田聖子の七光で出演しているという事が巷で騒がれはじめました。

もちろん、本人もその事はずっと気にしており、(もしかしたら今も・・・)テレビの世界から、ミュージカルkのオーディションを受け、活躍の舞台を変えます。

そこで、演出家の宮本亜門さんと出会い、彼に言われた言葉は「あなたは、ありのままのあなたでいい」
と、まるで、アナと雪の女王に出てきそうなセリフですね。

この閉じこもっていた心は、どちらかと言えば、アナではなく、雪の女王エルサの心境とそっくりと言えるかもしれませんね。


ともかく、そこから彼女は、国外でもミュージカルの勉強もし、今回の映画「アナと雪の女王」のアナ役に抜擢されたのでした。

そこからは、映画を見た人は分かると思うのですが、声優としてと言うよりも、歌唱力の高さに驚きます。
心に響くその声は、瞬く間に彼女を押し上げたのでした。

これまで、親の七光と言われていた彼女が、この映画を期に、新しい世界を広げていくことは間違いないと思います。

彼女を見る度に、アナとそっくりというより、エルサかな?って思ってしまうかもしれませんね。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。